歌詞

秋風の狂詩曲

Raphael

作詞
華月
作曲
華月

風が木の葉の色を変え 琥珀を纏えば

響き渡る正午の鐘に 告げる片思い


枯れ葉ざわめく並木道 初めてあなたを見た場所

今日もひとり読書のフリ あなた探して


落ち葉のように募る思い あなたへ散り積もるの

震えるほど切ない風 あなたへのマドリガル


木枯らしが窓を叩き 踵を鳴らせば

響き渡る孤独の音に 切ない溜息


すれ違う恋人達 愛も深まる秋の午後

こんな素敵な季節を あなたと過ごせたら


神秘のように深い想い 私のすべては今・・・

震えるほど切ない風 あなたへのロマンシア


秋の風が奏でる旋律 あなたへの狂詩曲

迷うことを知らぬ想い あなたへと駈け抜ける


好きよ ずっと どんな時も あなたを愛してるわ

震えるほど切ない恋 あなたへ届けたくて

提供: うたまっぷ