歌詞

あかずの踏切り

井上陽水

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

目の前を電車がかけぬけてゆく

想い出が風にまきこまれる

思いもよらぬ速さで

次々と電車がかけぬけてゆく

ここはあかずの踏切り


踏切りのむこうに恋人が居る

あたたかいごはんのにおいがする

ふきこぼれてもいいけど

食事の時間はのばしてほしい

ここはあかずの踏切り


電車は行く先を隠していたが

僕には調べる余裕もない

子供は踏切りのむこうと

こっちとでキャッチボールをしている

ここはあかずの踏切り


相変らず僕は待っている

踏切りがあくのを待っている

極彩色の色どりで

次々と電車がかけぬけてゆく

ここはあかずの踏切り

提供: うたまっぷ