歌詞

美幌峠(びほろとうげ)

美空ひばり

作詞
志賀貢
作曲
岡千秋

あなた忘れる 旅だけど

霧が心を まよわせる

なにも見えない峠に立てば

にくしみだけが遠ざかる

ああ さいはての美幌峠に霧が降る


あすはサロマか 裏摩周

つらくなりそなしぐれ空

あれは和琴と指さす人の

どこか似ているうしろかげ

ああ さいはての美幌峠に風が哭く


胸にすがった この指が

いまはみぞれに泣いている

蓮葉氷に しずんだ湖に

愛のもろさがにじんでる

ああ さいはての美幌峠に雪が舞う

提供: うたまっぷ