歌詞

SELF PORTRAIT

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

山のような洗濯物を

腕を組みながら見ていた

恋人がほしいとここで 思っちゃいけない

レンタルビデオは二日延滞

持ち帰ってきた仕事も

スピルバーグみたいに最後は

奇跡をおこしたい

TVで見た

ミッドウエイのアルバドロスみたいに

誰にも教わらず 僕は飛べないから

忙しいという言葉が

口ぐせになってる僕を

許してくれるみんなのためにも

がんばらなくちゃ

引っ越しの時からほどかない

荷物を横目でみていた

少しずついい部屋に住んでる

僕が時々さみしい

ほこりかぶってる洗面器

たまに銭湯でも行こう

大変なのはぼくだけじゃないと

少しはわかるかも

らしくないと 言われると少し疲れるけど

笑ってる方が 自分でもいいと思う。

どう考えても昨日と 今日の僕は違うから

最高の笑顔みせるためにも

がんばらなくちゃ

大事なのは 戻りたいと思うんじゃなくて

あの頃の記憶を 大切に育てること

忙しくしている僕を

わかっているのにわざと

電話してくるみんなが大好き

「がんばらなくちゃ!」

提供: うたまっぷ