歌詞

髪を切る日

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

はさみが通るたびに 想い出が落ちて行く

今朝 何気なく見た

パスポートの写真だけが 君を覚えてる

人は髪を切る前に きっと何かを片付ける

だからわざわざ混んだ日曜日を

選んでしまうのだろう

終わる恋人同志は

きっとお互いの変化をわかりあえず

それがうわべのこととさえも 気付けない

少なくとも僕たちは そんな風に別れた

短く切って下さい

彼女が嫌いだったスタイルに

この店に座る人を 鏡の中で見ていた

すてきになっていく人たちを

見ていると思わず微笑んで

そういえば二十歳まで

僕は髪をおろしてた

初めて額を出した日は

何だか恥ずかしかったけれど

扉を開けた僕の襟元を

吹き抜ける風に目を閉じてみる

見送った季節を今日から 取り戻そう

君の残した言葉は 僕の中で育てるよ

さよならの意味もきっと

自分で変えることが出来るはず

そろそろ前に進まなきゃ

提供: うたまっぷ