歌詞

EACH OTHER

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

ラッシュアワーの

向こうのホームで

彼女が僕をみつけて 手を振る

僕も 振り返そうとしても

ポケットからなぜか

手を出せないまま

電車が入ってきた

加速度を増して

君と僕は離れて行く

ずいぶん小さく 君が見えたよ

人ごみの中

あの日地下鉄の改札で

「離したくない」と言えなかった

臆病すぎた 僕がどれ程

君を 辛くさせただろう

好きとか そんな 言葉よりも

2人で過ごせる 時間だけが

何よりも 大切なこと

今では 分かるよ

あれから君によく似た

人と 暮らしてみた

結局 似ているだけで

君とは 違った

でも もし 今君に

好きだと言われても

やっぱり うなづけない

全ては 変わって行く

そう 思い出なんて

時間が経つ程 本当以上に

美しく心に残るから

人は惑わされる

君は まだそのことに気付かず

僕に手を振ったのだろうか

もしもそうなら 君はきっと

辛い日々を送っているはず

でも 僕はもう 君の為に

出来ることは何ひとつない


もう君の 僕じゃない

僕の君じゃない


もう君の 僕じゃない

僕の君じゃない

提供: うたまっぷ