歌詞

3月の雪

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

卒業式の20日後に

仲間たちは 肩を並べて

油のひいた レーンを最後に

そんな1日も 終わりを告げる

あたりまえだけど

変わらないから

またあの日々が

始まる気がした


すれ違っても

わからない程変わるなら

あてのない約束でも

しがみついていたい


みんなと会った あの日からまた

1年も 経たないのに

不安ばかりを 抱きしめたまま

次の春は 待ってくれない

自転車おす手が

赤くなったら

ぼくらの上に

雪が降りだした…


忘れたくないよ

こんなに素敵なら

3月の雪が降る

ぼくらのラストシーン


誰かがはしゃいで

歌う White Christmas

願いがかなうなら 時を止めて


すれ違っても

わからない程変わるなら

あてのない約束でも

しがみついていたい


忘れたくないよ

こんなに素敵なら

3月の雪が降る

ぼくらのラストシーン


すれ違っても

わからない程変わるなら

あてのない約束でも

しがみついていたい


忘れたくないよ

こんなに素敵なら

3月の雪が降る

ぼくらのラストシーン

提供: うたまっぷ