歌詞

12月の魔法

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

今朝から僕は車を三度も磨いた

街路樹にともる灯と夕暮れの色

誰よりも綺麗に映したら

標識の側で待ってる

白い息の微笑みがいつもより

たまらなくほころぶから

口で言うと笑うし

言い文句も浮かばないから

今夜僕が行きたい場所へ

君も連れて行く

Ah この星のどこもかしこも

12月の魔法できっと きっと

素敵に違いない

寒いから冬は嫌いと

君が言うから無い知恵と

恥ずかしさをふりしぼって

僕がいるだろって言っても

さっぱり意味が解らず

聞き返すようなそんなとこ

何よりも好きだから

僕のセーターの袖を君がひっぱる強さで

歩く早さを決めていた

あの頃の二人が見える

Ah 12月が過ぎ去っても

僕の魔法は解けない

君が Uh 側にいるから

この星のどこもかしこも

12月の魔法で

きっと きっと素敵に違いない

きっと きっと素敵に違いない

提供: うたまっぷ