歌詞

RAIN DANCE MUSIC

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

君は誰かの胸のなかで

そんなに早く泣きたかったの

やっと伸びた髪も濡れて

雨の日のさよなら

明日の朝水たまりに

映る雲さえながれた後

僕には何が残る?

16の自分が泣いている


Dancin' in the rain

僕とは踊れない

濡れた髪が気になって

踊れない


確か初めて会った時も

こんなひどい雨の日だった

今じゃすたれたわけで

髪を切ったばかりの君だった

夏休みの子供たちは

少し眠いプールの帰り道

突然の夕立 踊るように

びしょ濡れになっても笑っていた

Dancin in the rain

傘の咲いた街を

君は誰と踊って歩くの


Dancin' in the rain

僕とは踊れない

濡れた髪が気になって

踊れない

提供: うたまっぷ