歌詞

MILK

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

こんなに遅くたずねてごめん

なんとか一人でやってみたけどどうしても

うまくいかなくてとても

とてもこわくなってしまった

人に負けないものが僕には

一つだけでも一つしかなくて

必死にそれを守ってきたけど

あきらめそうに なったんだ

大人になってくると

なぜか素直になるのが 難しいね

僕も同じと微笑んで泣けば

いいよと言ってくれた

不器用な君の手のひらが

僕の背中であたたかいから

氷ついた気持ちとけだして

涙が止まらないよ

黒いランドセルにボロボロの

勇気と正義をつめこんで

泣きそうにドアを開けたらすぐ

机の下ひざをかかえてた

「男は簡単に泣くんじゃない」

暖かいミルクをくれた笑顔

誰かによりかかりいつの間にか

眠った頃がなつかしい

自分と違うことをしてる人をうらやんだりしたけど

やっぱり僕は僕だから

ダメな自分も好きにならなくちゃ

パジャマ姿で送ってくれる

サンダルの音と"がんばれよ"の声

暖かいミルクみたいだね

胸にしみこんでくる月も桜を揺らす風も

もう僕の前通り過ぎないから

明日はきっと今日よりもいい日に決まっている

君がいてよかった

提供: うたまっぷ