歌詞

WITCHHAZEL

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

恋と呼ぶにはさよならを聞くことを覚悟していた僕らだった

夏休み中のKISSの数が一番たくさんあった

そう覚えてる僕の肌がだんだん焼けてくのを

おもしろそうに見ていたよね

仲間からぬけ出して 借りたオープンカー

カーブ切るたび髪が肩にあたった

本気で好きになったみたい

そう言えば君が肩をすくめ困るのが少し怖かった

例えばいつか誰かと恋におちても

君を思い出すのが少し怖かった

折ったままのチノのすそ

かくれてたあの海辺の砂こぼれおちる

君がふざけて僕を押したひょうしにころんだ空は

この街にないいたずらが過ぎて

困らせてばかりいる君に

おこったふりをしたらごめんねと何度か言っていたのに

あきらめたようにやめたのがつらかった

太陽がやけどをさせて痛かった背中も

君を強く抱く時は平気だったんだ

大人になることが忘れて行くことなら

僕は今のままでいたい

本気で好きになったみたい

そう言えば君が肩をすくめ困るのが少し怖かった

例えばいつか誰かと恋におちても

君を思い出すのが少し怖かった

提供: うたまっぷ