歌詞

Leeca

Gackt

作詞
Gackt.C
作曲
Gackt.C

木漏れ日の中で君は微笑ってた

膝の上で眠る子犬もやすらかな顔をして…


小さな本を手の平に広げて

綺麗な指でそっと言葉をなぞる


その笑顔で何もかも救われると思ってた


限られた空の下で消えた

あの頃の君を思い出には…

造られた夢の中で見てた

あの空は、もう…


透き通る風の中、儚くて抱きよせた

振り返る姿は今もまだ

離れなくて


限られた空の下で

そっとささやいた言葉を繰り返して

閉ざされた胸の中で

今もあの頃と同じように微笑っている…


夕暮れに響くこどもたちの声は

笑顔を連れて消えていく…

提供: うたまっぷ