歌詞

灼熱の人

稲葉浩志

作詞
稲葉浩志
作曲
稲葉浩志

季節さえ変わらないような 冷めきった街角を歩けば

人の足もとすくうことに 命をかけてる人たちがいたよ


革命おこしてやるなんて うっかり口にしちゃいけない

白い目で見られるか シカトされるか

ここらへんはそういうところだよ だけど


灼熱の人よ 今立ちあがれ

嵐の中で 踊り狂え

後悔するヒマもないような人生で

かくしてる 鬼のような面で叫んでごらんよ


長い月日でつくられた 良識をゴクゴク飲み下してる

君の斬新なアイデアも だれもとりあってはくれない


波風なしで暮らせば 親戚中も安心するし

フツーなことにこしたことはない そんなの承知してる

してるけどだけど


灼熱の人よ 泣きねいるな

疑うことも 忘れないで

余力を残せぬ 哀しいさだめ

ヤジられてもいい

攻撃の渦にその身をさらけ出せ


冷静に俯瞰(とおめ)で見るのは 賢いやつらにまかしときゃいい

はずれてゆく自分のピッチを どうにかしたいんだろ

したいんなら しょうがない


灼熱の人よ 今すぐ立ちあがれ

嵐の中で もだえ狂え

後悔するヒマもないような人生で

かくしてる 鬼のような面で叫んでごらんよ

提供: うたまっぷ