歌詞

小さきもの

林明日香

作詞
三浦徳子
作曲
山移高寛

静かにただ 見つめてた

小さきもの眠る顔

眉間にしわ 少しだけ寄せてる

怖い夢なら 目を覚まして


水がこわくて しり込みしてた

あの夏がよみがえるよ

背中押されてはやっと泳げた

まるで昨日みたいです


声が聞こえる

ゆくべき道 指さしている

さらさら流る 風の中でひとり

わたし うたっています


小さきもの それは私

私です まぎれなく

鏡の中 心細さだけが

誰にも負けない 明日になるよ


そしてわたしは 幼い頃に

少しずつ戻ってゆく

意味も知らず歌う 恋の歌を

誉めてくれた あの日に


空をあおげば

満ちてくる わたしの声が

さらさら 流る 風の中で君も

ふわり 舞い上がれ


声が聞こえる

ゆくべき道 指さしている

さらさら流る 風の中でひとり

わたし うたっています


大切なものは すぐそばにある その事に気づいた


空をあおげば 満ちてくる わたしの声が

さらさら 流る 風の中で君も

ふわり 舞い上がれ


声が聞こえる

ゆくべき道 指さしている

さらさら流る 風の中でひとり

わたし うたっています

提供: うたまっぷ