歌詞

君だけをつれて

BEGIN

作詞
川村真澄
作曲
山田直毅

見慣れた笑顔 そのままの君 かけがえなく思う時

僕は何故だか 無口になるよ せつなくて

もう泣かせない そう誓うけど 涙もまた好きだから

強がらないで 何があっても大丈夫

もう一度 あのときめき 最初のキスできればいいのに

変わらないで 隠さないで いつもそばにいたいから

君だけをつれて 僕の未来 ずっと ずっと 歩いてゆく

愛は育たずに いられないと いつか 感じ始めていたよ

まるで子供のように

出会うことには 理由があると 君が本を読み上げる

噴水の音 響く公園帰り道

もう君を 知り過ぎてる 心さえも邪魔になるくらい

思い出より 明日からの 可能性を見つめている

君だけをつれて 僕の世界 ずっと ずっと ひらいてゆく

星は光らずに いられないと 君の瞳 映しているよ

まるで二人のように

君だけをつれて 僕の世界 ずっと ずっと ひらいてゆく

星は光らずに いられないと 君の瞳 映しているよ

まるで二人のように

提供: うたまっぷ