歌詞

男の純情

氷川きよし

作詞
佐藤惣之助
作曲
古賀政男

男いのちの 純情は

燃えてかがやく 金の星

夜の都の 大空に

曇る涙を 誰(たれ)が知ろ


影はやくざに やつれても

きいてくれるな この胸を

所詮 男のゆく道は

なんで女が 知るものか


暗い夜空が 明けたなら

若いみどりの 朝風に

金もいらなきゃ 名もいらぬ

愛の古巣へ 帰ろうよ

提供: うたまっぷ