歌詞

うたかた

YeLLOW Generation

作詞
おちまさと
作曲
marhy

もっとそばにいて

影がひとつになるくらい

もっと好きだと言って

あの頃のように


人混み歩く 予告なく届く 孤独 切なく

気持ちバレないように

冷めた顔して足早になる


何度見ても 進まない時計

苦しくなって 見上げると

あなたとよく似た背中

ぶつかって かきわけて

我に返って 空(くう)を抱いた…


もっとそばにいて

影がひとつになるくらい

もっと好きだと言って

あの頃のように


Cafeに座る

音もなく運ぶ 記憶 儚く

涙バレないように

笑顔絶やさず 友達と会う


何度見ても 色のない景色

グラスを持って 見上げると

あなたが見えた気がした

飛びついて 驚かれて

我に返って 席に着いた…


ずっとそばにいて 中に隠れられるぐらい

ずっと涙を拭いて

あの時のように


あなたがいたからひとりでもいれた

何でうたかたみたいに消えたの…

今は煙草の煙に折り合い見つけてる

ダメだよね…分かってんだ…

…どこにいるんだよ…


もっと…ずっと…


もっとそばにいて

影がひとつになるくらい

もっと好きだと言って

ずっとそばにいて

中に隠れられるぐらい

ずっと涙を拭いて

あの時のように

この写真の頃のように


少し気を許したら雨…雨が降って来た

今夜もまた月がゆがむ

だけど…大丈夫…大丈夫…

提供: うたまっぷ