歌詞

最低最高999

STANCE PUNKS

作詞
TSURU
作曲
TSURU

どいつもこいつも くたばっちまえと

心の片隅でつぶやいていた

届かぬ空に手をのばし

逃げ込んだ夜の隙間に

孤独という名の自由を手にいれた

本当の声を聞かせてくれよ

それはきっと間違ってなんかないだろう

屋上の煙指で壊した

気に食わないなら全部壊してくれよ


くだらねぇ僕を笑おう

くだらねぇこの世界が

僕らのためにあるのなら

最低で最高さ

くだらねぇ夢をみながら

いつかは誰よりも輝いてやるさ


星を蹴っとばしたら 流れていったよ

今夜憂鬱をぶちのめしにいこう

開いたそのドアの鍵は

今すぐに捨てちまえ

心ない嘘笑い もうやめておくよ

この時は瞬間で永遠じゃないから

確かなものなんて何ひとつ無いけど

君がいないこの世界に何の意味があるだろう

君よ笑えよ それだけでいい

頭こすりつけて心で叫んだ

いらないなら消えて失くなれ


くだらねぇ僕を笑おう

くだらねぇこの世界が

僕らのためにあるのなら

最低で最高さ

くだらねぇ夢をみながら

いつかは誰よりも輝いてやるさ


自分の為に行け イカれてたっていいよ

最低で最高さ まったく最高さ

提供: うたまっぷ