歌詞

真夜中少年突撃団

STANCE PUNKS

作詞
TSURU
作曲
TSURU

一人で飛び出した

奴らがいびきをかく間に

夜は大きくて肌寒い風が吹いた

暗闇に迫られて逃げ出した僕は

仲間の待ってる秘密の隠れ家へ

こっそり支配した世界の断片で

僕ら馬鹿みたいに笑い転げてた

いつもでもこのままでいられたらいいなんて

叶うはずも無いのにずっと願ってた

朝が来るまでそこは僕らの世界で

怖いものなど何も無かったはずさ

それでもいつかは消えて無くなるものだから

世界で一番…美しいんだろう

人の記憶なんて案外もろくて

笑った事泣いた事忘れていくもの

それでも忘れないさ 時を止めた君の

小さな肩を抱き締めた事だけは

叶わぬ夢届かぬ君への想い

何もかもうまくはいかないけれど

この手を伸ばし続けるよ…

その時僕は生きてるって思うんだ


ふぬけた面を見せるなよ 感傷にも似た

あの頃と何も変わっちゃないけど

少しずつ僕らは大人になって

今でも自分をさらけだせるか


僕の夢に突撃するよ

君の胸に突撃するよ

いつの日かでかい夢と君の手を握り

二度と離れないように笑ってみせるから…


僕の夢に突撃するよ

君の胸に突撃するよ

いつの日かでかい夢と君の手を握り

二度と離れないように笑ってみせるから…


僕の夢に突撃するよ

君の胸に突撃するよ

いつの日かでかい夢と君の手を握り

二度と離れないように笑ってみせるから…


僕らの夢は儚いけれど

光り輝け何よりも

だから歌うよ拳固めて

まっすぐだ 突撃だ

そうだ僕らは…真夜中少年突撃団

提供: うたまっぷ