歌詞

Naturally Ours

CHEMISTRY

作詞
ASADA SHINICHI
作曲
WADA MASAYA

やさしく降りそそぐ木漏れ陽が まだらに君を照らす

いま僕たちは 同じ歩幅で見慣れた道をただ歩いてく

歩いてゆく 歩いてゆく


レンゲの花揺れていた 君が手を伸ばした

錆びついた踏切が夕暮れに滲んでた


頼りない爪先で 怖がっては背伸びして

未来の在り処を手さぐりで確かめてた


この場所で呼吸するシアワセに 気づいてきたみたいだ

瞳を軽く閉じて 耳を澄まして 慈しみ感じてる


やさしく降りそそぐ木漏れ陽が まだらに君を照らす

いま僕たちは 同じ歩幅で見慣れた道をただ歩いてく

歩いてゆく


飛行機雲消えかけた 空の青さだけが

忘れていたあの歌を僕にまた歌わせる


飾らない言葉さえ さがしては呑みこんで

過ぎ去る年月にふり向かず暮らしてきた


やさしく微笑んだ君を見て 静かに笑いかえす

いま僕たちは 同じ色した想い出たちをただ抱きしめる


光射す時の中で愛しさが満ちてく 君の手に僕の手が届く

想いが途切れないように 夢をなくさないように 次のページをめくろう


この街で生きてく その意味が わかり始めてきた

口笛を吹いて 君を見つめて いとおしさ感じてる


やさしく降りそそぐ木漏れ陽が まだらに君を照らす

いま僕たちは同じ歩幅で 見慣れた道をただ歩いてく

歩いてゆく 歩いてゆく

提供: うたまっぷ