歌詞

TRUE EYES

中島美嘉

作詞
伊秩弘将
作曲
葛谷葉子

True Eyes 涙の雫

溢れ出していた夜は

めぐり逢えた奇跡を

呼び覚まして 出逢った日の

二人で見た 夜明けの光


去年の海に逢いに来たよ

空耳の波が呼んでいたから

いつからか何処かで二人が

失くしたもの さがしたい


いつも強がってた 自分に今

目覚めた瞬間 やさしくなれたよ


True Eyes 眩しい陽射し 果てしない空と海を

熱く体中で受けとめて

想い出して 出逢えた日の

二人で見た夜明けの光


記憶の花が美しいのは

心萎れていた証拠だね

突然降り出した夕立ちよ

昨日 洗い流して


心解き放って もう迷わずに

失いたくないなら 動き出せるはず


True Eyes 春の終わりを告げる

雨はやがて来る 暑い季節へのプロローグ

街はいつか色づくように

二人もう一度 胸焦がせるね


明日はいつでもわからないけれど

雲はいつか晴れるね


True Eyes 見つめるだけで

わかり合えていた 二人だから

離れていても いつも

空の彼方 つながってる

雨上がりの あの虹のように

提供: うたまっぷ