歌詞

閃光

UA

作詞
UA
作曲
UA

こんなに優しい場所を知っていた

呼吸を交わすように届く風

貴方に触る右腕の描く

ラインを風が教えてる


何度も塵になった世界はまた

美しく照らされて 陰をも産んで

名もない色をまとう 小石をそっと

女の子が拾って 窓辺に置くよ

月が見ていた 夜が見ていた


吠える空を見た 目を閉じたまま 突き抜ける景色を

これ以上 何を見ればいいの だから私はもう戻らないよ


ねえ 今何時なの

ここは何処なの

貴方は誰なの

帰る家はあるの

優しい人達が 殺されているよ

もうあと一滴で世界は溢れそうだね


もしあの道を右に曲がらなくて

いつものラインだけただ歩いていたなら

貴方と今こうして うなじを握って

飲み込むものは何も無かっただなんて

月を見ていた 夜を見ていた


胸に生える羽根は雲を切ってここを見下ろすように

尋ねるよ 何を失くしてるのかと 誰をずっと探してるの


大きく伸びた 真っ黒な翼からこぼれて落ちた

1枚の羽根が光に透けて 色が消えてくよ

不揃いな胸のラインを真似た 地平線に

着地するときを


吠える空を見た 目を閉じたまま 突き抜ける景色を

これ以上 何を見ればいいの だから私はもう戻らないよ


胸に生える羽根は雲を切ってここを見おろすように

尋ねるよ 何を失くしてるのかと 誰をずっと探してるの


雪が解けるように 私の奥に射し込む光は

貴方の瞳の奥に在る 一筋のラインを超えてくる

提供: うたまっぷ