歌詞

やわらかな夜

orange pekoe

作詞
Tomoko Nagashima
作曲
Kazuma Fujimoto

浅き夢のあとは ふと思い出して

儚きものへと 想い馳せる

螺旋を描いては 旅へ誘う

白い蝶 一片 裾と踊る


愛するきもちそれは決して

ひとりきりでは持てないの


やわらかな夜 月明かり浮かぶ

ミルクティーを飲みながら

やわらかな夜 待ち焦がれている

明日へ向かうベランダで

やわらかな夜 絹の波間には

忘れることなき想い

やわらかな夜 待ち焦がれている

明日へ向かうベランダで


浅き夢のあとは ふと思い出して

儚きものへと 思い馳せる


瞬きひとつ 粉を払う

睫毛に触れる雫ごと


やわらかな夜 月明かり浮かぶ

ミルクティーを飲みながら

やわらかな夜 待ち焦がれている

明日へ向かうベランダで

やわらかな夜 絹の波間には

忘れることなき想い

やわらかな夜 待ち焦がれている

明日へ向かうベランダで


浅き夢のあとは この手の中に

儚く脆くて強い想い

儚く脆くて強い想い

儚く脆くて強い想い

提供: うたまっぷ