歌詞

maple

工藤静香

作詞
愛絵理
作曲
菅原サトル

やさしい光に誘われて

裸足のままここに歩いてきた

広がりゆく大きな花園は

月の輝きを唄い続けた

風に吹かれ舞い上がった

花びらに手が届くのなら

今以上のやさしさやすらぎを

少しずつ咲かせていたい


七色した花びらが この空に舞い上がり

同じ花を手のひらに 求めてあなたと出逢った


やさしい光に満たされて

温かさを感じ目覚める朝

迷いの無い心は海のように

どこまでも深く透き通る水

薄れてゆく過去の涙

やさしさで全ては包まれ

未だ知らない夜空を見上げれば

空高く星は輝く


あふれる花びらから

見つけた 愛のカケラ

あなたと同じ星で生きる今を…


きらびやかな星たちは 幾つもの時を越え

果てしない宇宙の中 永遠の夢を唄うの


七色した花びらが この空に舞い上がり

同じ花を手のひらに 求めてあなたと出逢った

求めてあなたを愛した

提供: うたまっぷ