歌詞

壊れていくこの世界で

PIERROT

作詞
キリト
作曲
キリト

透き通る声 遠い空は 祈りの歌を 掻き消して

誤ちをくり返し 迷いながら

少しずつ終わりへと近づいていく


枯れた花は朽ち果て 願いだけ 夜に漂い

今も君を探してる


どうかせめて 同じ蒼ざめた月の下で 笑っていて

他になにも出来ないから

だからせめて 同じ流れる季節の中で 笑っていて

もしもいつか全てが消えて無くなってしまうのなら


泣き叫ぶ声 焼けた空は

遥か彼方の君に見えること無く…


君がくれた想いは 何よりも 強く儚く

今も色褪せずここに


どうかせめて 同じ蒼ざめた月の下で 笑っていて

戻ることは出来ないから

だからせめて 同じ壊れていくこの世界で 笑っていて

何一つも まだ諦めてはいないから


どうかせめて 同じ蒼ざめた月の下で 笑っていて

触れることも出来ないから

春が過ぎて 同じ景色にたどり着けたら その時には

手をつないで この世の終わりを見よう 二人きりで


何一つも まだ諦めてはいないから


止まらない声 遠い空は 祈りの歌を 掻き消して

提供: うたまっぷ