歌詞

innocence

hitomi

作詞
hitomi
作曲
Masato Kitano

時を数えて歩く おそれをなして進む

今吹きつける 風は強く

何かを探しあてる この先の世界にネ

だけど 見つからず 立ち止まってる


遠く続いてる空の向こう 戦いを哀れむ人達

悲しみに明け暮れる子供達

毎日は顔色を変えて ちっぽけな迷いを抱えて

首傾げ笑う


どんなにごまかしても どんなに疑っても

そこにうつるもの 何もなくて

計り知れない想いを 嘘っぱちじゃない願いを

本当はきっとネ 求めている


変わらなくていいものだって 飾らなくていいんだよなんて

側にある 安らかな願いを

君がくれた 暖かいぬくもり まだそれがここにあるのなら

優しさに変えてく力を 今ここで信じよう


僕らは 生まれ変われるだろう

悲しみこの胸に 突き抜ける時

風向きはいつか 変わるだろう

その背を優しくおす ぬくもりを

感じたなら 強くなれるかナ

僕らが見る夢は 果てしなく


どんなに強がっても どんなに足掻いてみても

今ある力は 頼りなくて

心うつすカガミが 目の前の君だってね

わかりだしたなら たどり着ける


なれなれしく 僕を揺さぶる

明日とゆう このドアを叩き

そしてまた悩んでる 僕らはきっとまた歩いてく


もしも 人を傷つけたり

優しさ失いかけたりしたとしたら

この胸に宿る innocenceを

子供の頃 描いた夢を

思い返してみる 情熱が

僕らに甦る 必ずね


僕らは 生まれ変われるだろう

悲しみこの胸に 突き抜ける時

風向きはいつか 変わるだろう

その背を優しくおす ぬくもりを

感じたなら 強くなれるかナ

僕らが見る夢は 果てしなく

提供: うたまっぷ