歌詞

COCOON

PIERROT

作詞
キリト
作曲
アイジ

絶望の風が吹き抜ける雑踏であの日

今にも壊れてしまいそうな君を見つけた


渇いた地上に優しく救いの雨が降るまで

今はせめてそこに咲いていて


聖なるこの夜に祝福の幻想は

叶わぬ願いまでも描いてくれるだろうか

眩く輝いた光の波に君を

闇から抜け出して連れ去ってしまいたいけれど


白く漂う不可能の壁に邪魔されて

踏み出す事あきらめていた君が待っている景色


記憶を濡らす涙の雫を拭える日まで

今はせめてそこに咲いていて


聖なるこの夜に祝福の幻想は

言えない思いまでも描いてくれるだろうか

眩く輝いた光の波に君を

言葉も交わさずに連れ去ってしまいたいけれど


振り払えない深い傷跡を抱きしめたまま

君は そう ただそばに咲いていて


聖なるこの夜に祝福の幻想は

失くした希望までも描いてくれるだろうか

眩く輝いた光の波に君を

形も構わずに連れ去ってしまえたなら


聖なるこの夜に祝福の幻想が

一夜の白い雪と共に消えていくとき

眩く輝いた光の波に君を

もう迷うこともなく連れ去ってしまえるのだろう

提供: うたまっぷ