歌詞

花のように

松たか子

作詞
sunplaza
作曲
吉田美智子

風が運ぶ風鈴の音に 振り返れば夏空

白いシャツの少年がいた ヒマワリの小径

君は何処へ消えたの ちょっと待っててと言ったきり

わたし何処を見てたの 眩しい方ばかり


花のように 風のように いつまでも胸にあるよ

戻れるなら 戻れるなら 陽炎のあの日


夏を送る線香花火 ふいに肩を抱かれて

切なすぎる優しいキス さよならのかわり

唇をかみしめて うつむいたまま歩いた

君の涙の理由を まだ知る由もなく


花のように 風のように そのままで胸にあるよ

戻れるなら 戻れるなら 陽炎のあの日


どんなふうに 言うのだろう 今君がここにいたら

いまだ遥か 旅の最中 あの夏は遠く


花のように 風のように いつまでも胸にあるよ

戻れるなら 戻れるなら あの夏のあの日

提供: うたまっぷ