歌詞

路傍

WillCall

作詞
Will Call
作曲
後藤次利

やるせないような この想い 何で埋め尽くせるのだろうか

この道の先に 答えがあるかもしれないね

風に吹かれ 歩き出すよ 失った物を探して

季節の終わりの向こうへと


見上げた空に あの日の君の笑顔が浮かぶよ

いつからか スレ違ったね 変わらぬ想い 抱えたままでいるよ


夢に届くまで 君に届くまで

かき消されそうになっても 叫び続けるよ

誰か呼んでいる 俺を呼んでいる

今は この場所から始めて行くんだね

近道なら もういらないよ 悲しみにそう 手を振る


握りしめた この手のひらに 何が残っているのだろうか

あの虹の先に 答えがあるかもしれないね

擦り減ったカカトの底に 刻まれてる軌跡は

俺が生きてる 証さ


傷付く事怖れ 二人心閉ざしていたね

やさしさも凍りついてた

愛の意味さえ わからなくなっていたよ


時間が過ぎてゆき 今日が過去になる

笑いあえる未来が きっと来るはずさ

全て抱きしめて 俺はここにいる

今は 空っぽのこのバッグの中だけれども

あきらめなら もう知らないよ 遠い空に そう 指をさす


夢に届くまで 君に届くまで

かき消されそうになっても 叫び続けるよ

誰か呼んでいる 俺を呼んでいる

今は この場所から始めて行くんだね

近道なら もういらないよ 悲しみにそう 手を振る

提供: うたまっぷ