歌詞

新利の風

HUSKING BEE

作詞
磯部正文
作曲
磯部正文/工藤哲也/平本レオナ/平林一也

さらり 波に攫われる

もうあぶくとなって 縺れ合う

subliminal 目覚めてく

問いがきらめかせる飛沫

変わり次に浮かぶのは

当意即妙な超短波

subsistent アイディア受け止めて

試そうと響くよ


押し黙る テトラポッド

絶え間なく dance step

モノクロの flesh and blood

光 射し込んできて


ひらり 風に煽られる

また宵っ張りに 誘われる

subdivision 目覚めてく

風致 色を染めてゆく

変わり次に浮かぶのは

灯心蜻蛉のアイコンタクト

subjugation インサイダー脱け出して

変えようと招くよ


押し黙る road side trees

ジグザグに free flight

モノクロの flesh and blood

手に入れて影も 光も


裸足で歩かなくなって

独りで歩くようになって

プロセスと知り合ってから

時間が経って 忘れるようになって


on all sides 高まる波にアプローチしよう

from all sides 新利の風が吹き込んでくるのさ


さらり さらり 波が洗う

ひらり ひらり 風が煽る

縺れ 縺れて 目覚めて

変わり次に浮かぶのは


さらり さらり 波が洗う

ひらり ひらり 風が煽る

縺れ 縺れて 目覚めて

変わり次に浮かぶのは

提供: うたまっぷ