歌詞

よる☆かぜ

ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ

よるのかぜ 浴びたまま 車で 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう 夜を越えてく

月明かり 浴びたまま 星空に 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう

素敵にブレーキ踏まずに行こう


楽しいはずさ 今日は君と そう 脱 TVショウ 週末日の今日

君と一緒ならばTVやビデオをダラダラ見るよりガラガラの道を

ぶっ飛ばして車で 車で YO! ぐっと洒落た街まで

Woo 街までの道のりやや遠め! 行けるトコまででもドコまでも行こう


延々と続くドライブにトライする

俺一人目指してるのはあの橋の向こう

月明かりの指す方 君のいる所

朝日までに君迎えに行くとこ

行こう君と共に夜を越えて行こう

よるのかぜ 吹かれ うかれ疲れ飛ばせ

月明かりは俺に妙に優しい

好きばかりさ 俺ら2人楽しい


よるのかぜ 浴びたまま 車で 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう 夜を越えてく

月明かり 浴びたまま 星空に 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう

素敵にブレーキ踏まずに行こう


心地良い疲れ ぬるい風吹かれ

二人は車で 日焼け跡比べ

行こーよ どこでもいいよ 朝まで

広がった道 明かりは 彼方へ

海沿いの道 潮風が舞う

左手 海からは波音が鳴る

君は目を閉じて ただ耳を澄ます

焼け火照る 頬から 笑みこぼれ出す

月明かり 陰った 逆に街明かりだけが鮮やかに

浮かび 上がる 目の中に

はしゃぐ君 見てそのスキに 何気に励む 雰囲気作りに

行こうよ向こうの方にも 西の湾が かかえる岬の方

小麦色の肩 もたれたまま このまま よかぜに 吹かれに行こう!!


よるのかぜ 浴びたまま 車で 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう 夜を越えてく

月明かり 浴びたまま 星空に 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう

素敵にブレーキ踏まずに行こう


日も沈みきったのち まさに海への最果ての土地から

見渡そう 身を任そう 賑やかそうに 騒ぐ若者を見つめたのちに

街を抜け 見渡せる限り あっちこっちで打ち上がる花火に

かなり胸高鳴る 積み重なる 夏の夜と君と俺の愛を!!


合体中 まさに真っ最中を越えて俺らここで車飛ばし二人まったり tune

日の沈み見もせず夜の海

二人 きどり 俺ら二人っきり

打ち上がる花火はかなりやばい

ぶちあたる 二人はかなり甘い

真夏の夜 7つの願い放つよ

1つでもあなたの胸に届くよう


Wooh Wooh Woh…

夜の風に 夏夜の風に

この星空に また月明かりに

この街の向こうに 見える物語

一人より二人で見ることの意味に

君に今 見せるため この通り

急に光射す 道の模様に

永久の向こうに 羽ばたけるように


よるのかぜ 浴びたまま 車で 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう 夜を越えてく

月明かり 浴びたまま 星空に 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう

素敵にブレーキ踏まずに行こう


よるのかぜ 浴びたまま 車で 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう 夜を越えてく

月明かり 浴びたまま 星空に 感じたまま

いっそ光る街中超えて行こう

素敵にブレーキ踏まずに行こう


Wooh Wooh Woh…

光る夜を越えていく あの日の

Wooh Wooh Woh…

光る夜に埋もれて行く

Wooh Wooh Woh…

提供: うたまっぷ