歌詞

たいせつなひと

19

作詞
市川喜康/岡平健治
作曲
岡平健治

手を振れば それで完了!

分かり合える友達のよう

何かを求めて そこに立ち

いつしか僕ら 繋がっていた


互いに寄りそいながらも

それぞれが不安を抱え

決められたペース

"あたりまえ"というサイクルに

迷う度


想うよ…さみしくて

くやしくて この場所で叫んでた


風はそのまま 明日へ向かう

ココロが揺れて 進めなくても

"まだできるはず"

胸 ふるえるから

これからも一緒に ずっと一緒に…


巡りめぐる日々の中

そっと日射に誘われて

落ち葉がたまる散歩道

いっぽいっぽ 踏みしめてゆく


"キミとすれ違っていたら 咲かない花もあったろう"

胸をくすぐる想い出と風を 大きく吸い込み

駆け出してゆく


会いたくて 会いたくて

同じゆめを感じたくて…


キミと出会えた それが素晴らしい

信じ合える それが嬉しい

かけがえのない そんなすべてと

僕らは小さく 強く生きてく


風はそのまま 明日へ向かう

ココロが揺れて 進めなくても

"まだできるはず"

胸 ふるえるから

いずれどこかで追いつけるだろう!


キミと出会えた それが素晴らしい

信じ合える それが嬉しい

かけがえのない そんなすべてを

これからも一緒に ずっと一緒に


上手いコトバ 見当たらないけど

たったひとつ忘れないでいて


"たいせつなひと"


伝えたいこと

『きっと…いつもキミを信じてる』

提供: うたまっぷ