歌詞

Run up

愛内里菜

作詞
愛内里菜
作曲
大野愛果

風の色が この瞳に焼きつく

追い立てるように 染め上げられてく

痛いほどに あざやかだけれど

一瞬でも この瞳から 消さないように


ほんとの気持ちのままに 駆け上がろうよ

求められることばかり気にして

だからときどき だからどうしよもなく 不安になって

見失ってた あの夏の日


We can run up! 開きかけた手の平に

僕たちには 輝く 未来をつかめるだろう

We can run up! 握りしめた手の平に

僕たちは そう 過去をごまかさず受けとめていくと誓うんだ!


できることは いくつもあるはず

なんとか歩いてきた道でさえも

夢は夢と あきらめることは

ときには強さで 弱さでもあった


ほんとの気持ちのままに 駆け上がろうよ

もしも厚い壁 ぶちあたっても

自分ではじめに 自分を裏切ってる

そこに救いなんてものは 何もないから


We can run up! 開きかけた手の平に

僕たちには 手放すべきものだってあるだろう

We can run up! 握りしめた手の平に

僕たちは 守り抜くべきものを もう一度 強く握りしめよう!


これからへの約束なんて 何もないけれど

だけどきっと… だからこそ…


明日へ向かう希望がある 誰の手にも そう君の手にも


We can run up! 開きかけた手の平に

僕たちには 輝く 未来をつかめるだろう

We can run up! 握りしめた手の平に

僕たちは そう 過去をごまかさず受けとめていくと誓うんだ!


We can run up!

提供: うたまっぷ