歌詞

燃える煙るモナムール

TUBE

作詞
前田亘輝
作曲
春畑道哉

降りそそぐ太陽に負けないぐらいの愛情

言えないほど甘く辛く 誰かにこの身をあずけた


口唇に刻む想い出 季節は巡り行くけど

痛みだけが消えない


裸の言葉で 心つないだ

真夏の日々よ


やめて やめて モナムール 行かないでよ

熱いkissを したいから

愛が恋が煙る この時代に

涙しても 傷ついても

つのりゆく慕情


求めあい 奪いあい 死にたいぐらいの激情

花よりも弱く脆く けなげに誰かを愛せた


一人身の夜を越えては ねじれていくその胸に

微熱だけが続いて


冷めてるフリして 腰フル少女

戻れぬ日々よ


せめて せめて モナムール 消さないでよ

想い出だけじゃ 生きれない

嘘と悪が燃える この世界で

信じるたび 愛するたび

忍びよる影


燃える 煙る モナムール 泣かないでよ

この命が尽きるまで

君が僕が 生きる その証が

騙されても 裏切られても

降り積もる 愛


やめて やめて モナムール 行かないでよ

熱いkissを したいから

愛が恋が煙る この時代に

涙しても 傷ついても

つのりゆく慕情

提供: うたまっぷ