歌詞

スイミング

深田恭子

作詞
こなかりゆ
作曲
ハルユキ

水泳キャップ被って 競い合っていたよね

一番早いのは誰だろう?って

小さな膝が並ぶ 夕暮れのプールサイド

ビリにだけはなりたくなかったの


ホイッスルが鳴ったら 世田谷の空に歓声がのぼった


女の子は比べられるのが大キライなの

たとえ どんな友だちとでも

ホメられてると 誰だってみんなきれいに笑うのよ


国境線の上を飛行機は越えてゆく

大人は現実で競い合ってる

キリストの言うことは 全部あたってるけど

実行するのは むずかしいよね


人にされたくないことは人にもしてはいけないから


女の子は比べられるのが一番キライ

たとえ マリリン・モンローとでも

ホメてあげると サボテンもきっとスクスク育つのよ


歓声がのぼった


ビリになって泳いでくる子供はテレながら

おなかが痛いフリしてた

空とわたしと友だちと風がプールに映ってた

提供: うたまっぷ