歌詞

FAITH

愛内里菜

作詞
愛内里菜
作曲
大野愛果

同じ空を何度見上げても そこには

真実味なんてなかったよ

ほんとの空の色を 口にしてみては

うつむき歩いてるんだ


憧れだけが また 心を しめつけてくよ

捨てて 失くしてしまえず 語ることさえできないでいるから


もしも涙が 誰ひとりの目にとまることがなかったとしても

ぼくたちは まだ 言い訳なんて"してはいけないよ""したくはない"

きのうよりも 強く もっと 近くに 自分を見つけれるように


感情や欲情 そんな計測機の

ないものが ぼくらの間を

流れてはかかえる 日常がすりかえた

聞こえない小さな叫び


不透明な気体の色 図ることのできない

重さ 大きさにおびえ 目まいさえもおこしそうで


もしも涙が 誰ひとりの目にとまることがなかったとしても

ぼくたちは まだ 言い訳なんて"してはいけないよ""したくはない"

今日よりも 強く もっと 確かに自分を信じれるように


ここに変わらずにあるものなんて 何ひとつないよね

と自分の在り方に ふるえてた


けれどきっと そうじゃなくてね どんなコトやどんなモノにでも

入口は数多くあっても そういつも 出口はひとつなんだ


So when you look at me do you feel the FAITH?

目にとまることがなかったとしても

can't we make it real we all should feel the FAITH.

"してはいけないよ""したくはない"


そう 簡単には いかないよね

そう できることなら みんなやってる

ぼくらはいつまでここにいる?

さあ 乗り遅れないで!

提供: うたまっぷ