歌詞

ミモザの咲く頃 2001

笹本安詞≒下町兄弟

作詞
Yasushi Sasamoto/Kazuko Sasamoto/Banana Ice
作曲
Yasushi Sasamoto&Banana Ice

秋の空を流れてゆく

黄昏色の飛行機雲

幼い頃の思い出が

セピア色によみがえる


(RAP:)全部忘れちまった子供の頃の夢 あっという間に大人なってつべこべ

(RAP:)きまりきった会社入った明日何だ今日は何だ 女房子供できてローン追われてんだ

(RAP:)俺はバカ 特に何もないか なんて芸は酒飲んで尻出すか一気飲みか

(RAP:)ものまねTV見て夜は寝て 朝になったラッシュアワー電車揺られて


(RAP:)そんな繰り返し仕事やめたもう飽きた 南の島で海も空も見てたいな

(RAP:)親が教えてくれたそれは安定 ここで捨てて全部出直して始めて

(RAP:)家族共倒れなったらなったで何とかなんじゃないの

(RAP:)苦楽ともに生きてたって冬は春になるの

(RAP:)捨てた夢拾って 今遅くないって ハゲを直す前に人生変えてみて


素直な気持ちは今も

あの時と同じなら

きっと夢は叶うだろう

ミモザの咲く頃に


(RAP:)赤と黒かどっちか選ばされたランドセル 無理に黄色い帽子かぶらされて並ばせる

(RAP:)変な学校誰もかれも登校 だけど午後は遊び仲間みんな一緒放課後

(RAP:)やなこと忘れちゃって明日もっと悩みごと忘れられず夢はどこ

(RAP:)今は大人なってまるくなって腹も出して 俺は何になんだ忘れちゃった流されちゃって


(RAP:)このままきっと今の会社いてもヒラ まわり若いやつにおごる夜は財布カラ

(RAP:)誰が教えてくれた俺の人生 ここで変えて会社やめて地に足つけて

(RAP:)忘れかけた夢を追ってちょっともう一度 バカじゃないのなんて言われたって今にきっと

(RAP:)叶う信じきって 今遅くないって やればやったで答え自分きっと返ってくるって


どこまでも続くこの道

何かに夢中になれたら

きっと夢は叶うだろう

ミモザの咲く頃に


屋根の上を見上げながら

小さな指でなぞる星座

時が過ぎゆくのも忘れて

遊んだ帰り道


(RAP:)Ah どうせ生きてたって80で死んじまえば

(RAP:)なんか好きなことをやったやつの勝ちじゃないか

(RAP:)ガキの頃に捨てたメンコ 空気抜けたチャリンコ 遊び忘れ仕事疲れ怒る今日も頑固


きっと夢は


(RAP:)どこでこうなったあの夢もう一度

(RAP:)きまりきった生活捨てた変えたちょっと 明日明日風が吹いて一生懸命ずっと

(RAP:)いつも波風立てず 出る杭にならず 木登りは危ないからやめなさいってやらず

(RAP:)きっとできる夢も捨てず愚痴も言わず陽は必ず

(RAP:)明日になれば昇るきっと叶う変わる季節


きっと夢は叶うだろう

ミモザの咲く頃に


(RAP:)やなこと忘れちゃって明日もっと悩みごと忘れられず夢はどこ

(RAP:)今は大人なってまるくなって腹も出して 俺は何になんだ忘れちゃった流されちゃって


きっと夢は


(RAP:)バカじゃないのなんて言われたって今にきっと

(RAP:)叶う信じきって 今遅くないって やればやったで答え自分きっと返ってくるって

(RAP:)そんな繰り返し仕事やめたもう飽きた 南の島で海も空も見てたいな

(RAP:)親が教えてくれたそれは安定 ここで捨てて全部出直して始めて


きっと夢は叶うだろう

ミモザの咲く頃に

提供: うたまっぷ