歌詞

hydropathy

MIHO

作詞
MIHO
作曲
朝本浩文

からっぽのココロで 何にでもなれるの?

駆け巡る不安も あいまいに隠す

空の色みたいに 美しく塗り替えたりして

夢は現実のように 漂う


前に出ることさえ 思いつかないから

暮れる空を睨み 道に今ひとり

こんなに乾くのは 守れなかった弱さのせい

わたしはどのあたりへ 来てるの?


そっと水の中 深く沈んでく

ひどくからみつく闇を湿らせながら

すべてカタチあるものは溶かされて

カラダ破り流れ出す"わたし"が見えるまで


底から見上げると 忙しい毎日

ありふれた言葉じゃ 癒されはしない

感じなくなるなら からっぽのまま生きているよ

現実が夢のように 彷徨う


濡れた息をしてずっと泳いでる

昔聞こえてた歌にリズム合わせて

もっと限りなく広くつながって

時の流れ変えてゆく"一瞬"が欲しいから


すべてカタチあるものは溶かされて

カラダ破り流れ出す"わたし"が見えるまで


いつも 確かに ココに 在るもの

強く やさしく 愛せますように

"今朝の青空 とても痛いよ"

何故か あなたに ただ伝えに行く

提供: うたまっぷ