歌詞

BOARDING

T.M.Revolution

作詞
井上秋緒
作曲
浅倉大介

夕映えのざわめきに 背中向ける君に

かけられる言葉なんて 何もなかった


優しい事云えないのなら 黙れよと風は吹いて

真実をぶつけ合うのが 一体何になるだろう


もう僕らは旅立てる キレイな淋しさのひとつを抱いて

君は君だけに笑えればいい 今はそっと手を振ろう


"気にせずに行けばいい" 誰も囁くから

華やかな交差点に 僕は迷うよ


ボロボロで持って歩いた 想い出は写真のよう

都合いい場面ばかりが 心 弱らせてゆく


明日を願う胸に 大事にし過ぎてた儚い日々が

無駄にならないと信じてるから どこに辿り着いてもいい


声にならない声を 理由もなく零れる強い涙を

一人のせいにしなくてもいいよ いつか巡り逢うから


そう ここから旅立つんだ キレイな淋しさのひとつを抱いて

僕は僕だけに笑えればいい 今は君に手を振ろう

提供: うたまっぷ