歌詞

flying

GARNET CROW

作詞
Azuki Nana
作曲
Yuri Nakamura

季節はずれの beach side

夜に隠れた

君の横顔は何をみつめてるの?


人は誰もが皆

何かを背負ってる

だけど ふとよぎる不安

消せやしないよ


僕らは何一つ

知ることない未来の為に

手に入れたり投げ出したりして

儚く誘う行方めざして


flying gone

夢見る様に 墜ちてゆくの

君の中へ

恐れないで傷ついたら

きっと 切ない優しさを抱いている


flying fall down

羽ばたきながら 墜ちてゆくの

君の傍へ

何も ナイ 明日がくる瞬間は

君に出会えた奇跡胸に抱いて

ネムラセテ、、、


君を信じる程に ねぇ

傷は深くて、、、

私以外のもの すべて

消し去りたいよ


気づいた時には もう

ただ走り続けることに

安らぎさえ感じていたなんて、、、

イミジキアスヲ 飛び越えてゆけ


flying fall down

旅立つならば

朝も昼も夜もなくて

君のめぐる輪廻の果てへ

二度と帰らぬ三途の川(かわ)のほとりまで

飛び出すの


flying gone

もつれてゆくよ

君の アイ life すべて求め

you & me

もう別の生活(ひ)を灯す

君のいない明日なんていらなくても、、、


flying fall down

羽ばたきながら 墜ちてゆくの

君の傍へ

何も ナイ 明日がくる瞬間は

君に出会えた奇跡胸の中

最期に私を力強く抱いて

ネムラセテ、、、

提供: うたまっぷ