歌詞

スピーナ

speena

作詞
カナコ
作曲
カナコ

あれはあたしがまだ8つの頃の話

パパとママと行った夢の動物園

大きなキリンが欲しくって 泣いた

そんなあたしにパパが与えたのは

とても可愛らしいコアラの女の子

作り手の過ちで口がないから

何も言えない女の子 スピーナ

それを両手に抱えてみつめるあたしに

パパが言ったのよ 名前はスピーナ


あなたに服は似合わない

脱がして捨ててしまいましょう

裸になったあなたを抱くと

ひとつになれた気がしたわ


あたしのスピーナ

眠れない夜も 何も言わず ただ側にいてくれた

あたしのスピーナ

その目にあたしが映るたび想う ちいさな二人の部屋


裸のあなたを見て ママが言ったわ

"お洋服なくしちゃったの? じゃあ 作ってもらいましょう"

親戚のおばさんがあなたの服を それはたくさん作ってくれたわ

"でも全部 捨てちゃった"

どうしてとママは怒るけど

じゃあママ どうしてわからないの? そのままの美しさを…


あなたのことは あたしが

一番よくわかってるのよ

守るように抱いた時

あなたの声が聴こえた気がしたわ


あたしのスピーナ

声にならない声が響くのは 幼い子宮に

あたしのスピーナ

その鼻に耳に キスをしたら いいこね 瞼を閉じて

あたしのスピーナ

あたしが死ぬ時は あの部屋を思い出してね

あたしのスピーナ

そして新しい 淋しがりの誰かを幸せにしてあげて

提供: うたまっぷ