歌詞

天国までの百マイル

F-BLOOD

作詞
藤井フミヤ
作曲
藤井尚之

懐かしい手紙の文字 胸をしめつける

あの日からどれくらい遠くなったのだろう


この街には思い出が多すぎるからと

手がかりもないままに 君は消えて行った


探しつづけた さ迷うように

海にこぼれ落ちた 涙の雫を

逢いにゆきたい HUNDRED MILES TO HEAVEN

天国より遠いその場所へ


別れを確かめた夜 受話器の向うの

震えてるさよならを強く握りしめた


ふたりをつなげるものは 今は空だけだね

幸せでいるのなら そっと目を閉じよう


追いかけていた ただのわがまま

君につけた傷の深さも知らずに

逢いにゆきたい HUNDRED MILES TO HEAVEN

天国より遠いその場所へ


探しつづけた さ迷うように

海にこぼれ落ちた 涙の雫を

HUNDRED MILES TO HEAVEN

君をみつけた

天国より遠いその場所へ

提供: うたまっぷ