歌詞

TOMATO CUBE

作詞
西村ちさと
作曲
山元全

新しい歯ブラシを買ったり 昔の日記帳を開いた

散り行く花 桜吹雪き踏まずに歩いた

歩道橋から見えるビルの街

遠くで胸震わせる故郷が淋しいねと手を振って動き始めてる


サクラチル季節は回って 追いつけない程に早く

まばたきの間で輝くあの日の木陰を探すよ いつまでも


空を見れば流れる雲が途切れ途切れ浮かんで消えていく

緩やかな坂滑り降りていく自転車に乗って


サクラチル季節は回って 合わせた歩幅確かめて

まばたきの間で輝くあの日の木陰を探すよ いつまでも


大きな声で"わはは"と笑っていたのになぜか

鏡に映る姿が少し哀しそうだった

1人を怖がる私を連れ出してくれた

あのつないだ手は二度とここへは来ない


サクラチル季節は回って 追いつけない程に早く

まばたきの間で輝くあの日の木陰を探すよ いつまでも いつまでも いつまでも

提供: うたまっぷ