歌詞

YUKI

Whiteberry

作詞
Whiteberry
作曲
恩田快人

寒がりの指先に 今年もまた 冷たい雪の声

小さな体も凍っちゃいそう 初めての恋をみつけた


どこまでも続くよな 白い道に足跡を残して

凍える冬の夜空の下を 手をつないで歩いていた


どこにいてもどんな時も 思い出すのはキミのこと

この気持ち押さえられなくて ため息がまた一つ


キラキラ雪の中 抱きしめてはなさないで

全てがくずれても 何も見えなくても それでもいいから

つつんでいていつも 寒くて死んじゃうアタシ

いつの日か雪がとけても この恋を最後まで愛して


お気に入りの手袋 白くさせた 小さな雪だるま

2人の秘密をつくろうよ 誰にも負けないように


占いなんて信じてない そんな簡単な恋じゃない

目をそらしたアタシの心の ドアのカギをあずけるよ


白い景色の中 ふるえてドキドキしてた

降りつもる想い 雪にかわって 今すぐキミに届くはず

土曜の夜だから もう少しそばにいたい

抱きしめられたら そのまま埋もれて 春になったらいいなぁ


キラキラ雪の中 抱きしめてはなさないで

全てがくずれても 何も見えなくても それでもいいから

つつんでいていつも 寒くて死んじゃうアタシ

いつの日か雪がとけても この恋を最後まで愛して


抱きしめられたら そのまま埋もれて 春になったらいいなぁ

提供: うたまっぷ