歌詞

神経がワレル暑い夜

PIERROT

作詞
キリト
作曲
キリト

最後に君の目に焼きつけられるのは

きっと醜い僕の本性

無駄な感情は捨ててしまえばいいよ

記憶は器用に奇麗に書きかえて


優しい歌を聴きたがっていたね

何かに怯えているかのように


無情に刻む時間が僕をどこまでも狂わせていく

いつのまにか君さえ壊していくかもしれない


なぜ泣かないでいるのこんな酷い夜

耐え切れないほど君は傷ついていたはずで

なぜ黙っているのこんな暑い夜

聞こえてきそうだよ神経のワレル音が


優しい歌を聴きたがっていたね

何かを悟っているかのように


形を変える月が僕をどこまでも狂わせていく

いつのまにか君さえ壊していくかもしれない


なぜ泣かないでいるのこんな酷い夜

耐え切れないほど君は傷ついていたはずで

なぜ黙っているのこんな暑い夜

聞こえてきそうだよ神経のワレル音が


なぜうつむいているの膝を抱えて

唇を噛み締め君は耐え続けるの


なぜ泣かないでいるのこんな酷い夜

歪んだ僕に君は気づいていたはずで

なぜ黙っているのこんな暑い夜

聞こえてきそうだよ神経のワレていく音が

提供: うたまっぷ