歌詞

SPECIAL THANKS

GLAY

作詞
TAKURO
作曲
TAKURO

道の向こうに戻れない夏がある あんなに激しくゆれるまま夢中になった

流れる汗をぬぐおうともせず 抱きしめ合った

真夏を駆ける肌の熱さよ さめぬままで


不意に薫る風 歩けない旅人をなでるよ 急な雨でさえ傘のない2人をさけた

陽だまりはしゃぐ1秒先も見えないままで 名前を口にすればそれで幸せだった


予期せぬ出逢いを 初めての朝を無邪気な自由をKISSのあとの笑みを

儚さで綴る 人生の至福として想う


夕映えに咲いたぎこちない愛をもっと素直に言えたのなら

一粒の涙 やさしさの縒りで きっと受け止められたのだろう


君といた日々は宝物そのもの


海鳴り秋を告げる響き 時を感じて

誰にも過去の地図の上に忘れ得ぬ人がいる


いつかは…一人でもう一度ここに戻るような そんな気がしてたbe back in your eyes

まるでその場所に想い出の跡に 忘れ物がまだあるようで


まだ見ぬ未来の帳のどこかで不意にめぐり逢えるのなら

懐かしさにただ立ちつくす前に お互いの今を愛せるだろう


夏の向こうには 戻れない夢がある

君といた日々は宝物そのもの

提供: うたまっぷ