歌詞

JUNK CITY

Λucifer

作詞
森雪之丞
作曲
CHISATO

熱い眩暈の様に 鳥の影が街を横切る

美空を飛べる 夢もいつか見なくなった

スクランブルの群れで 君と知らず君に出逢う

粗悪な Destiny シャツの汗にザラつくだけ


ジャンクな日々の果てに

孤独を愛した

巨大なビルボードの

微笑みにも 目を背けて


揺らめく陽炎だけが燃えている

アスファルトは溶け始めた迷路

戸惑う逆光線の彼方から

今も君の 声がする


スプレーが剥げ落ちた ガード下の落書きさえ

冷たい風に 晒されてるそんな時代

自分に言い訳する ボキャブラリーだけが増えて

皮肉なSympathy イラダチなら判りあえる


チープな欲望より

自由を選んだ

アウトサイドの地図は

傷痕にも 似ているけど


揺らめく陽炎だけが燃えている

アスファルトは溶け始めた迷路

想い出ひとつも残せない俺の

ブーツの跡 焼き付けて


凍えた炎も運命の君が

手を翳せば胸を焦がすだろう


揺らめく陽炎だけが燃えている

アスファルトは溶け始めた迷路

戸惑う逆光線の彼方から

今も君の 声がする

提供: うたまっぷ