歌詞

星に願いを

Cocco

作詞
こっこ
作曲
柴草玲

歩みも甘い

拙い声

騒がないで

血飲み子ちゃん


浸ってないで

滲みたぐらいで

濡れたなんて

笑えるから


泥にまみれた

ままごと遊びなのね

夢物語り

逃げ遅れたのは誰?

おとぎの国

幻を見たの


願いは

流れ星よ 叶うものならば

激しく 降り続けて

月さえも落として

夜空を彩る想いなど

燃え尽きてしまえばいい

明けることもない

闇夜は 安らかに


ひらかないで

ひろげないで

やさしい手で

触らないで


慰めないで

構わないで

労らないで

歩けるから


この胸が 腕が

髪が 喉の奥で

継ぎはぎだらけで

紡ぎ始めている

涸れるほど泣いても

このままで


願いは

流れ星よ 叶うものならば

激しく 降り続けて

月さえも落として

夜空を彩る想いなど

燃え尽きてしまえばいい

明けることもない

闇夜は 安らかに


わたしは

置き去りにされて

いくのだから

沈めて 戻れないぐらい

どうか 走って


空耳だけを頼りにして

ひどく濡れてる記憶は

あなたを また

ねぇ 探してしまうから

提供: うたまっぷ