歌詞

HOTEL PACIFIC

サザンオールスターズ

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐

ギラギラ輝く太陽が

時代の片隅へ堕ちてゆく

錆びれた海辺の国道には

現在もセピアの幻影が揺れてる


八月の濡れた誘惑が

水着の奥まで沁みた時

江の島に架かる桟橋で

恋の花火が浮かんで消えた


風に燃える陽炎みたい

空と海の偶像


灼けた Sun-Tannedの肌に

胸がJin-Jinと響く

夏の太陽が 嗚呼 燃え上がる To me

愛…渚に今日も

寄せては返すでしょうか?

砂の上で口づけした

真夏の Pacific Hotel


海より眩い情熱が

紅い夕陽に染まる頃

茅ケ崎あたりのモーテルにゃ

夏の終わりが涙で暮れた


森に眠る古城のように

夢は遥か蜃気楼


さらば青春の舞台よ

胸がJin-Jinと疼く

だのに太陽はもう帰らない To me

何故…砂漠のように

心が渇くでしょうか?

エボシ岩を見つめながら

夜霧にむせぶシャトー


ああ君の…

灼けた Sun-Tannedの肌に

胸がJin-Jinと響く

夏の太陽が 嗚呼 燃え上がる To me

愛…硝子のように

敢え無き運命でしょうか?

砂の上で口づけした

真夏の Pacific Hotel

今でも忘れない Woh, Oh, Oh

涙の Pacific Hotel


So I Love You…

提供: うたまっぷ