歌詞

明日の風

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

哀しい夢で寝不足気味の僕がいる 鏡の中

失くした言葉 思い出せずに朝は過ぎてく


優しさの意味 はきちがえて

いくつもの季節をやりすごしてた


ありったけのこの声を届けて欲しい君のとこへ

悲しみを残したまま僕らは次の場所へもう踏み出してる

明日に向かう風が街を通り過ぎて

少しずつ変わってけばいい

いつの日かこの痛みが眠りにつければいい


あれからいろんな事考えてみたけど僕なりに

あこがれだけで生きていくほどもう無邪気でいられない


刻みつづける時の中で

それぞれの願いがふるえている


ありったけの君の声を聞かせて欲しい今すぐに

ずっと先を見つめてても今はまだ想い出と呼べそうにないから


ありったけのこの声を届けて欲しい君のとこへ

悲しみを残したまま僕らは次の場所へもう踏み出してる

明日に向かう風が街を吹きぬけてく

振り返ればあの道から

あの日の2人が僕らを見送ってる

提供: うたまっぷ